• 仕事がないなら!フリーエンジニアの案件の探し方 マッチングサイト クラウドソーシング 知人の紹介・斡旋
  • おすすめの案件マッチングサイト大図鑑 エンジニアルーム レバテックフリーランス ギークジョブ SEウィル フリエン フリーエンジニアネットワーク ハッピーエンジニア スキルサーフィン エージェンシースター SEプランナー アットエージェント PE-BANK グッドワークス ハイパフォーマー スタイリー ギークスジョブ エンジニアファクトリー エンジニア共和国 ITジョブネット eエンジニア
  • フリーランス必見!プログラミング言語の需要と単価目安 Java PHP Ruby C/C++
  • 成功のために!フリーSE・フリープログラマーの基本知識 収入について 年齢について 派遣との違い 確定申告と税金について フリーエンジニアのためのおすすめブログ集
  • 案件探しならここ!おすすめのマッチングサイトを比較
  • プログラミング言語別にみる!単価目安のまとめ
フリーエンジニアのための案件探しガイド » 成功のために!フリーSE・フリープログラマの基本知識 » 派遣との違い

派遣との違い

ここでは在宅・常駐のフリーエンジニアと派遣会社のエンジニアの違いについて解説しています。

在宅・常駐のフリーエンジニアと派遣エンジニアの比較

エンジニアが正社員としてではなくプロジェクト単位で仕事をしたいという場合には、フリーランス(個人事業主)になって仕事を獲得する方法と人材派遣会社に登録して派遣先で働く方法があります。

どちらを選択するか決めるためには、両者にどのような違いがあるのかを知っておく必要があります。

フリーエンジニアと派遣の大きな違いは、雇用関係の有無です。派遣の場合は派遣会社と雇用契約を結びます。フリーエンジニアの場合は会社と業務委託契約・業務請負契約を結ぶので法律上の自由度は高くなります。

簡単に言ってしまうと派遣エンジニアは非正規ながらも社員であり、フリーエンジニアはあくまで個人事業主ということになります。

したがって派遣エンジニアは派遣会社の健康保険・厚生年金・雇用保険に加入できますが、フリーエンジニアには無いので、自分で国民健康保険や国民年金に加入することになります。

また、派遣エンジニアの場合は税金、年末調整といった事務処理は会社が行いますが、フリーエンジニアは自分で確定申告を行う必要があります。

では収入面はどうかというとフリーエンジニアの方が圧倒的に有利です。派遣会社は派遣先の企業から派遣料金を得ますが、そこから20~30%のマージンを引いた金額を給与としてスタッフに支払います。

一方、フリーエンジニアの場合は自分で営業して仕事を獲得した場合は100%が報酬となりますし、エージェントを利用した場合でも手数料は5~20%が相場なので派遣よりも単価は高くなります。

またフリーエンジニアの場合は仕事で成果を上げればそれが評価され報酬アップにつながりますが、派遣エンジニアの場合は会社の実績として評価されるのですぐに給与に反映されるということはありません。

  フリーエンジニア 派遣エンジニア
契約形態  業務委託契約・業務請負契約  雇用契約
社会保険  国民健康保険・国民年金  会社の健康保険・厚生年金
経理・事務  自分で確定申告  派遣会社が処理・年末調整
収入  単価が高め
(エージェント利用でも手数料5~20%)
 単価は低め
(派遣会社のマージン20~30%)
仕事の評価  エンジニア個人の実績として評価  会社の実績として評価

以上のようにフリーエンジニアは派遣エンジニアと比べると仕事の自由度が高く、自分の能力や成果に応じた収入が期待できるといったメリットがあります。

保険や税金の処理など事務手続きが手間になりますが、エージェントの中には事務手続きを代行したり確定申告時に税理士を紹介するサービスを提供しているところもありますので、活用次第ではそれほど負担になることはないでしょう。


サポート力に定評!フリーエンジニア向けエージェント3選

エンジニアルーム

エンジニアルーム
  • ◎20年の実績を持つ定番案件サイト
  • ◎首都圏最大級の案件数を誇る
  • ◎手厚いサポートで評判

取り扱い案件を見てみる

レバテックフリーランス

レバテックフリーランス
  • ◎エンジニア/デザイナに特化
  • ◎信頼できる案件のみを厳選
  • ◎ネット非公開案件も豊富

取り扱い案件を見てみる

ギークジョブ

ギークジョブ
  • ◎直受け案件を多数用意
  • ◎美容系など案件の幅が広い
  • ◎案件検索機能の使いやすさも評判

取り扱い案件を見てみる