• 仕事がないなら!フリーエンジニアの案件の探し方 マッチングサイト クラウドソーシング 知人の紹介・斡旋
  • おすすめの案件マッチングサイト大図鑑 エンジニアルーム レバテックフリーランス ギークジョブ SEウィル フリエン フリーエンジニアネットワーク ハッピーエンジニア スキルサーフィン エージェンシースター SEプランナー アットエージェント PE-BANK グッドワークス ハイパフォーマー スタイリー ギークスジョブ エンジニアファクトリー エンジニア共和国 ITジョブネット eエンジニア
  • フリーランス必見!プログラミング言語の需要と単価目安 Java PHP Ruby C/C++
  • 成功のために!フリーSE・フリープログラマーの基本知識 収入について 年齢について 派遣との違い 確定申告と税金について フリーエンジニアのためのおすすめブログ集
  • 案件探しならここ!おすすめのマッチングサイトを比較
  • プログラミング言語別にみる!単価目安のまとめ
フリーエンジニアのための案件探しガイド » フリーランス必見!プログラミング言語の需要と単価目安 » Python

Python

ここではPythonというプログラミング言語の簡単な概要や、Pythonを学ぶメリットなどについて解説していきます。

また、Python案件の単価目安や、Python案件が豊富なおすすめのマッチングサイトについてもまとめました。

Python

python

Pythonは、1991年にグイド・ヴァンロッサムというオランダ人が開発したプログラム言語です。Webアプリケーションはもちろん、Windows、MacOS、UNIX、Android、iOSなど主要なマシンで実行することができるため、世界的に見ても活用事例の多い言語のひとつとされています。

実際、PythonはGoogleの公式言語のひとつ(C/C++、Java、JavaScript、Goなど)としても知られており、Facebook等の世界的なサイトでも利用されている由緒正しい言語です。

Pythonの特徴は、文法がシンプルなので、プログラミングの初心者にも非常にわかりやすい構造になっていること。多くのプログラミング言語は、コードを書く人のクセや工夫によって、同じ結果を出すプログラムでも内容や書き方が大きく違うというケースが少なくありません。

ただ、こうしたオリジナリティーの強いプログラム言語は、初学者から見て内容が理解しづらく、保守点検などで前任者から引き継いだ際に理解するまで時間がかかるといったデメリットがあります。

その点、Pythonは、「誰がコードを書いても同じような形になる」という考えをもとに作られた言語です。文法を単純化することでコードの読みやすさを向上するだけでなく、コード自体も書きやすくしています。

そのため、超上級者が書いたコードでも、プログラミング初心者が書いたコードでも、他の言語に比べて個人個人のクセが出にくく、内容を理解しやすいのです。完成しているコードでも第三者が理解できるため、コードの書き換え等もスムースに進められるでしょう。

また、基本的な部分を単純化する一方で、標準ライブラリ以外に有志が作成したライブラリや関数等、膨大なツールを無料で入手できるのも特徴となっています。オブジェクト志向や命令形、関数型など様々な形式でコードを書くことができるため、ハードからソフトまで幅広い場面で採用されているのです。

Pythonは根幹の部分が非常にシンプルなので、習得までの時間も短縮できるでしょう。動作も軽く、既存の言語からPythonに置き換えればコストカットも可能です。言語としての実績も、GoogleやFacebookという世界トップクラスのアクセス数を誇るサービスで証明されています。

さらに、Googleの主要言語であるという背景から、「Google Colaboratory」というサービスを使えば誰でも無料でPythonを学習できる点もポイント。プログラミング言語の学習では、専用の環境やソフトを導入しなければならないといったケースも多いですが、Googleのサービスを使えば、「Google Chrome」からアクセスするだけでPythonを学習できます

プログラミング初心者の場合、比較的わかりやすいPythonから出発して、Python以外の言語の学習を進めることもできるでしょう。AI産業やドローンのプログラムなど、将来性の高い分野で数多く採用している言語なので、Pythonでコードを書けるようになればチャレンジできる案件の幅も増えていく可能性は高いです。

Python案件の大まかな単価目安

○600,000円~800,000円

Pythonは多言語に比べて習得しやすいこともあって、「どんなことができるのか」によって単価が大きく変わってきます。AIなどの分野で注目されている言語なので、今後AI分野の産業が発展していけば案件を獲得しやすい状況になっていくでしょう

Python案件が多い案件紹介サイト4選

<エンジニアルーム>

フリーランス向け案件マッチングサイト・エンジニアルームのキャプチャ
画像引用元:エンジニアルーム公式HP
https://cmc-co.jp/

エンジニアルームは、フリーのエンジニア向けの数々の案件紹介を行っているエージェントサイトです。20年以上の歴史があり、とくに首都圏でプログラミングの案件を探しているなら、まっさきに登録しておきたいサービスとなっています。

月間で約5,000件もの案件が更新されているため、自身の実力に合わせて案件にチャレンジ可能です。フリーランスで活動しているとおろそかになりやすい確定申告の無料サポートや、毎月行われる担当コーディネーターの面談など、登録後のサポートの手厚さでも人気を集めています。

Python案件数は調査時点で6件ですが、報酬は500,000円~800,000円と高めです。システム開発やシステムの設計・運用など、サービスの根幹的な部分に携わることができる大型案件が多いので、Python案件を希望されている方は、他のフリーエンジニアに取られない内に問い合わせをしてみましょう。

世界では非常にメジャーなPythonですが、国内ではJava等に比べてユーザー数もプログラマーも少ないため、経験年数よりは実力重視の案件が多いです。学んだ知識を実践の場で活かして、さらなるスキルアップを目指しましょう。

<フリエン>

フリエン
画像引用元:フリエン公式HP
https://furien.jp/

フリエンは、紹介案件数の充実に力を入れているフリーエンジニア向けのマッチングサイトです。案件の種類は非常に多彩で、首都圏以外にも各エリアの案件を扱っています。誰もが知っているような有名大手はもちろん、これから爆発的ヒットを狙っているベンチャー企業など、企業の幅も広いためプログラミングのレベルに合わせた案件選択ができる点が強みです。

日時と場所の希望を出せばコンサルタントが出向いてくれるため、普段忙しい人も利用しやすくなっている他、転職支援にも対応しています。

フリエンのPython案件数は、驚きの315件。単価も400,000円~850,000円と様々で、大規模なシステム開発からゲーム開発まで自由に選択できます。Pythonを使うフリーエンジニアとしてまだ実力に自信がない方、比較的やさしい案件から経験を積んでいきたい方は、ぜひ利用してみましょう。

<アットエージェント>

フリーエンジニア向けのおすすめ案件紹介サイトアットエージェントのキャプチャ
画像引用元:アットエージェント公式HP
http://at-agent.jp/

アットエージェントは、フリーエンジニア向けに月間150件以上の案件紹介を行っているマッチングサイトです。スキルの分析やキャリアプラン、開発現場への要望なども専門のコーディネーターが丁寧にヒアリングしてくれるため、企業側との明らかなミスマッチを防げる点もポイントとなっています。

また、案件の終了1ヶ月前から次の案件獲得のためにサポートをはじめてくれるので、フリーエンジニアにとってもっとも大変な収入の安定を狙いやすいです。

そんなアットエージェントでのPython案件数は49件。時給換算の案件や500,000円前後の案件もありますが、中には1,000,000円超えの大型案件もあり、やりがいを求める方、自らの技術や知識に自信を持っている上級者も満足できるでしょう。

<レバテックフリーランス>

エンジニア向け案件紹介サイト・レバテックフリーランスのキャプチャ
画像引用元:レバテックフリーランス公式HP
https://freelance.levtech.jp/

レバテックフリーランスは、契約延長率が90%を超えるフリーエンジニア向けのエージェントです。一年間に紹介している案件数は30,000件以上であり、とにかく案件数が多いという特徴を持っています。

また、担当者が年間3,000回以上開発現場でヒアリングを行うなど、応募者と現場のミスマッチを減らす対策に熱心な点も評価の高さにつながっているようです。

レバテックフリーランスのPython案件数は、約50件。データ分析やシステム開発等の案件が数多く揃っており、実力さえあれば1,000,000円超えの案件に手を出すこともできます。一方、Pythonの経験が半年以上ならチャレンジできる案件もあるなど、徐々にステップアップしていきたい方にも最適です。

確定申告のサポートや宿泊施設等の利用料が安くなる福利厚生など、業務外のサービスも充実しています。